作成手順

ブログ

業務トリセツ作りを命じられたあなたにアドバイス!~そして運用まで

新規でマニュアル作成が必要となったとき、専門会社にご依頼いただくのはひとつの方法ですが、自社でマニュアル作成する企業も少なくありません。社内用業務マニュアルなどは、その典型例です。 部内の業務マニュアル作りを命じられてしまったあなたにアドバイスする、その最終章です!
ブログ

取扱説明書と誤記

取扱説明書は手順を調べたり数値を知るために使います。 なのに正しい結果が得られないとしたら、、、 言われなきゃわからない小さな間違いから命に関わる重大な事故まで「ウッカリ」の結果はまさに様々。 どうやれば誤記を防ぐことができるか考えてみましょう。
ブログ

第3弾!業務トリセツづくりを命じられたあなたにアドバイス!~執筆を始めよう~

新規でマニュアル作成が必要となったとき、専門会社にご依頼いただくのはひとつの方法ですが、自社でマニュアル作成する企業も少なくありません。 社内の業務マニュアル作りを命じられてしまったあなたにアドバイスする、その第3弾です!
ブログ

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、まず◯◯の転換から始めよう

DXを導入したくても、うまく進んでいない企業が全体の93%に上ります。DXを進めたいものの、どこから手をつければ、何をすればよいのか、そもそもなぜDXが必要なのか分かってないという状況です。そこで、DXが失敗する理由と成功の秘訣を紹介します。
ブログ

取扱説明書作成におけるガイドラインの役割

取扱説明書を作成する場合、作成の基準となるガイドラインは欠かせません。また、取扱説明書の見直しを行う場合にも、見直しの基準となるガイドラインが必要となります。本記事では、取扱説明書作成におけるガイドラインの概要について解説します。
ブログ

取扱説明書における英語の役割とは

英文取扱説明書の目的は英語圏のユーザーに読んでもらうためですね。 一口に英語圏といっても、その数は50ヶ国、約6億人。 なんと人類の77.4%です。 これだけ様々な状況で使われている英語。 正しく伝わる英語版の取扱説明書を作るために必要なことは何でしょうか?
3D活用

「見える化」+「3Dデータ」でマニュアル作成するとDX(業務改革)がうまく行く訳

「手順」や「要領」の可視化が、いかに重要な要素であるかに触れ、何故、マニュアルが「見える化」実現の有効な手段であるかを解説しています。さらに、3Dデータを活用したマニュアルと従来のマニュアルの違いにも言及し、3Dデータの活用の意義とDXへの利用について説明します。
マニュアル作成

第2弾!業務のトリセツ(業務マニュアル)作りを命じられてしまったあなたにアドバイスします!

新規でマニュアル作成が必要となったとき、専門会社にご依頼いただくのはひとつの方法ですが、自社でマニュアル作成する企業も少なくありません。 社内の業務マニュアル作りを命じられてしまったあなたにアドバイスする、その第2弾です!
マニュアル作成

「失敗しないマニュアル作成」おさえておきたい2つの運用ルール

マニュアル作成に失敗しないポイントは「運用ルール」にあり。「読まれないマニュアル」「活用されないマニュアル」にしない注意点を「運用」にフォーカスして解説しています。
マニュアル作成

第1弾!マニュアル作成とは?業務マニュアル作りを命じられてしまった、あなたにアドバイスします!

新規でマニュアル作成が必要となったとき、専門会社にご依頼いただくのはひとつの方法ですが、自社でマニュアル作成する企業も少なくありません。また、社内の簡易マニュアルなどは仕事の片手間に作ることを要求されます。業務マニュアル作りを命じられてしまった、あなたにアドバイスします!