マニュアル作成

3D活用

「見える化」+「3Dデータ」でマニュアル作成するとDX(業務改革)がうまく行く訳

「手順」や「要領」の可視化が、いかに重要な要素であるかに触れ、何故、マニュアルが「見える化」実現の有効な手段であるかを解説しています。さらに、3Dデータを活用したマニュアルと従来のマニュアルの違いにも言及し、3Dデータの活用の意義とDXへの利用について説明します。
マニュアル作成

業務のトリセツ(業務手順書)作りを命じられてしまったあなたにアドバイスします!

新規でマニュアル作成が必要となったとき、専門会社にご依頼いただくのはひとつの方法ですが、自社でマニュアル作成する企業も少なくありません。 社内の業務マニュアル作りを命じられてしまったあなたにアドバイスする、その第2弾です!
3D活用

マニュアルは3Dで作成し、WEBで見る時代になる

モノづくりを取り巻く環境は日々変化しています。 製造現場では3DによるDX推進が急ピッチで進められていますが、マニュアルの現状はどうでしょうか。 本記事ではそのような変化の中マニュアルはどう進化するのか、現状を分析しながら考えていきたいと思います。
3D活用

3Dデータとマニュアルの連携でDXを推進!

3Dデータの活用文化を社内に浸透させることで、組織横断型の改革(DX)が実現します。本記事では、3Dデータの組織横断型の活用例として、マニュアル作成における3D活用に焦点を当て、DX時代の新しいマニュアルの形について考察します。
3D活用

マニュアル作成で3DデータをAR技術に活用する理由とは

当社は、3DとAR技術を利用したマニュアル作成(取扱説明書)の将来性に期待しています。紙面やHTMLのテキストとイラストの構図だけではない、次世代コンテンツとして、3DデータとAR技術はとても相性がよいと考えています。その理由を本記事で解説していきます。
3D活用

3Dデータの活用はまず組立手順書(組立マニュアル)から!

3Dデータを全社活用したいけど、どっから使おうか? それならまず迷うことなく「組立手順書」からお使いください。 なぜか?それは効果に即効性があるからです。 手順書作成工数削減や組立作業員の理解度アップなど、3Dデータの活用効果がすぐに目に見えて出てきます。それは上層部への説得材料になると同時に、他部署に3D活用を横展開するにも役立ちます。
3D活用

3Dと動画を活用したマニュアル作成

私たちの身近にある3Dと動画。マニュアルの世界でも「こんなことができたらいいな」だったものが「こんなことができます」という事例に置き換りましたね。しかし、まだ手探りも多いのが現状です。本記事では、3Dと動画のより効果的な活用について解説します。
マニュアル作成

「失敗しないマニュアル作成」おさえておきたい2つの運用ルール

マニュアル作成に失敗しないポイントは「運用ルール」にあり。「読まれないマニュアル」「活用されないマニュアル」にしない注意点を「運用」にフォーカスして解説しています。
3D活用

動画マニュアルを作成してみませんか?

皆さんは動画と云えばどんな時に活用していますか? 調理方法やダンスの振り付けを知りたい・覚えたい時は、大体、まず、YouTubeなどの動画を視聴されていることが多いかと思います。 本記事では、どのような場面に動画が活用されているのかなどについて、ご説明します!
マニュアル作成

パワーポイントでマニュアルを作成!

ビジネスシーンで多く使われるパワーポイントですが、そのメリットがマニュアル作成にも活かせるとしたら、ツール選定の悩みからも解放されるのではないでしょうか。本記事ではパワーポイントの特徴を再確認し、マニュアル作成に活かせるポイントを紹介します。