3Dマニュアル

3D活用

いまが取扱説明書を電子化する好機な理由とは? 思わぬ後押しを解説

取扱説明書(マニュアル)の電子化を検討されている企業様も、既に電子化に取組まれている企業様も、取扱説明書を電子化するメリットはユーザの閲覧だけではないと考えます。「いまが電子化の好機!」という理由を、マニュアル制作会社の視点で解説いたします。
3D活用

マニュアルは3Dで作成し、WEBで見る時代になる

モノづくりを取り巻く環境は日々変化しています。 製造現場では3DによるDX推進が急ピッチで進められていますが、マニュアルの現状はどうでしょうか。 本記事ではそのような変化の中マニュアルはどう進化するのか、現状を分析しながら考えていきたいと思います。
3D活用

3Dデータとマニュアルの連携でDXを推進!

3Dデータの活用文化を社内に浸透させることで、組織横断型の改革(DX)が実現します。本記事では、3Dデータの組織横断型の活用例として、マニュアル作成における3D活用に焦点を当て、DX時代の新しいマニュアルの形について考察します。
3D活用

マニュアル作成で3DデータをAR技術に活用する理由とは

当社は、3DとAR技術を利用したマニュアル作成(取扱説明書)の将来性に期待しています。紙面やHTMLのテキストとイラストの構図だけではない、次世代コンテンツとして、3DデータとAR技術はとても相性がよいと考えています。その理由を本記事で解説していきます。
3D活用

3Dデータの活用はまず組立手順書(組立マニュアル)から!

3Dデータを全社活用したいけど、どっから使おうか? それならまず迷うことなく「組立手順書」からお使いください。 なぜか?それは効果に即効性があるからです。 手順書作成工数削減や組立作業員の理解度アップなど、3Dデータの活用効果がすぐに目に見えて出てきます。それは上層部への説得材料になると同時に、他部署に3D活用を横展開するにも役立ちます。
3D活用

3Dと動画を活用したマニュアル作成

私たちの身近にある3Dと動画。マニュアルの世界でも「こんなことができたらいいな」だったものが「こんなことができます」という事例に置き換りましたね。しかし、まだ手探りも多いのが現状です。本記事では、3Dと動画のより効果的な活用について解説します。
3D活用

動画マニュアルを作成してみませんか?

皆さんは動画と云えばどんな時に活用していますか? 調理方法やダンスの振り付けを知りたい・覚えたい時は、大体、まず、YouTubeなどの動画を視聴されていることが多いかと思います。 本記事では、どのような場面に動画が活用されているのかなどについて、ご説明します!
3D活用

3Dマニュアルを作成するときのBOMの役割とは?

BOM(ボム)とは"Bill Of Materials"。日本の製造業では「製品を構成する部品の一覧表」といえるでしょう。本記事では、この奥深いBOMと3Dマニュアル作成の関係性を中心に解説していきます。
3D活用

3Dデータをマニュアル作成業務に活用する方法とは?

3D CADで生成された3Dデータは、CAE解析やデザインレビューなどの製品開発の上流区で主に活用されてきました。本記事では、製品開発の下流区にあたるマニュアル作成業務に焦点を当て、マニュアル内での3Dデータの有効活用について解説します。
3D活用

3D設計データでマニュアル作成は驚くほど楽になる!

マニュアル作成に困っている人は、時間がない、作り方が分からない等の問題に直面しています。設計者が片手間で作成する場合は、品質や長時間労働などの問題も抱えています。本記事では、3D設計データを使ってマニュアル作成を楽にする方法を解説します。